九段クリニックについて

ホーム > 九段クリニックについて > 施設・設備

施設・設備

最先端の医療機器により迅速で精度の高い検査を実現。

利用者の皆様の苦痛、放射線の被ばくや感染症のリスクを可能な限り減らすととともに、短時間で精度の高い情報が得られるように最先端の医療機器と設備を整えています。

MRI(磁気共鳴画像法)・MRA(血管撮影法)

MRIは強い磁気と電磁波を利用して人体を輪切り状に撮影する装置で、放射線を使わないため被ばくの心配がありません。当クリニックでは最高クラスの1.5テスラMRIを導入していますので、脳神経系、整形外科、腹部、循環器領域など全身のどの部位でも非常に精度の高い画像を得ることができます。また検査中の不快な騒音が従来品に比べ大幅に改善されている点も特徴です。
同じMRIを使って脳や頸部などの血管の様子を見る検査がMRA です。カテーテルを挿入して行う血管造影検査と異なり、利用者の体を傷つけることなく、動脈瘤や血管の狭くなった部分(狭窄)を発見することができます。

マンモグラフィー

乳房を挟んでX線撮影する機器で、触診ではわからない初期の小さながんを発見するのに有効です。超音波診断との併用で、検査の精度、確実性がさらにアップします。

超音波診断装置

肝臓、膵臓、腎臓、胆のうなどの腹部や、乳房、前立腺の観察のほか、頸動脈の動脈硬化の有無による脳梗塞のリスクを調べます。最新型のカラー超音波診断装置を採用しているため、臓器や血流の状態を鮮明かつリアルに捉えることが可能です。

マルチスライスCT(MSCT)

X 線を使って体の断面を撮る検査です。X線を発するX管球がひとつだった従来型のCTでは、1回の撮影で1つの画像しか得られなかったのに対して、複数のX管球を備えたMSCTでは1度の撮影で様々な角度からの画像を得ることができますので、検査時間が短く済みます。

内視鏡

内視鏡を使用するたびに専用機器による滅菌消毒を行うことで感染症のリスクを徹底的に排除するとともに、患者さまの負担が少ないことで話題の経鼻内視鏡(鼻から入れる内視鏡)もご用意しています。

骨密度測定装置

骨粗鬆症の早期発見を目的とした検査を行います。超音波を用いた音響的骨評価装置で手軽に骨密度を測ることができます。


 
  • 受診のお問い合わせ
  • 健康診断のご予約
  • 各種ドックの予約
このページの先頭へ

九段クリニックについて

交通アクセス
九段下・飯田橋駅からアクセス良好の
人間ドック・健康診断クリニックです。
会長挨拶はこちら

マーソバナー

お問い合わせ

法人の方へ
Pマーク
  • よくあるご質問
  • 海外に渡航される方へ
  • ドクターズネットワーク