人間ドック

ホーム > 人間ドック > 専門ドック > 脳ドック

脳ドック

MRIやMRA、頸動脈エコーなどの検査によって、自覚症状がない脳疾患や脳疾患の危険因子を発見し、発症や病状の進行を防ぐことを目的としています。脳卒中、脳腫瘍、脳出血、クモ膜下出血、脳梗塞、アルツハイマー型認知症の早期予防・早期発見に有効です。

特におすすめする方

脳や脊髄疾患の気になる方、頭痛やめまいなど何らかの症状がある方、ご家族やご親戚に脳卒中や脳腫瘍などがある方、高血圧、不整脈、糖尿病、高脂血症、肥満、喫煙などの脳卒中の危険因子がある方。

検査項目

脳MRI MRIによる脳の画像によって脳梗塞や虚血、炎症、血流の状態を調べます。
脳MRA 脳血管画像で血管の奇形や狭窄、動脈瘤などを調べます。
VSRAD(海馬傍回解析) 記憶をつかさどる海馬や海馬傍回付近に萎縮がないかを調べ、アルツハイマー型認知症の早期診断に役立てます。
高次脳機能 認知障害の有無を調べます。
頚動脈エコー 超音波診断装置により、頚髄管の狭窄や内頸動脈、頚部の血管狭窄、コレステロール・プラーク(コレステロールが血管の壁に入り込んでできた“こぶ”)の有無を調べます。
動脈硬化検査 血管の硬さや詰まりの程度を調べます。
眼底検査 動脈硬化による血管の変化を調べます。動脈硬化、脳腫瘍による血管の異常を直接観察することができます。
安静時心電図 心房細動などの脳にとって危険な不整脈の有無を調べます。
血圧測定 高血圧を放置すると動脈硬化が進み、脳梗塞、脳出血などの原因になります。血圧測定はこれらの病気の予防に欠かせない検査です。
  • 受診のお問い合わせ
  • 健康診断のご予約
  • 各種ドックの予約
このページの先頭へ