人間ドック

ホーム > 人間ドック > 専門ドック > 心臓ドック

心臓ドック

心筋梗塞、弁膜症、危険な不整脈を調べて発症を未然に防ぐことを目的としています。また労作による狭心症がある人はもちろんですが、「無症候性心筋虚血」という、心臓の細胞に酸素や栄養を送る冠動脈が塞がりかけ、心筋が酸素不足の状態になっているのに全く自覚症状がない病気があり、これが心筋梗塞や突然死の予備軍となっています。心臓ドックではこの病態を発見することや、致命的な不整脈の発症を予知することが可能です。

「心臓ドック」は、九段クリニック名誉院長 阿部博幸が、突然死の予防などを目的に考案した専門ドックです。当時消化器の検査が中心だった人間ドックに、この時はじめて専門ドックという概念が生まれました。

特におすすめする方

高血圧、高脂血症、肥満、糖尿病の方、喫煙される方、ストレスの多い方は是非受診されることをお勧めいたします。またご家族に心臓病患者がいる方、運動時の胸の不快感、夜間の胸の苦しさや痛み、脈の乱れ、動悸、めまい、失神、息切れ、むくみなどの症状がある方。健康診断で心雑音、心肥大、不整脈などを指摘された方も、精密検査目的で心臓ドックを受けられるのが望ましいでしょう。

検査項目

冠動脈MRA 造影剤を使わずに心臓に栄養や酸素を送る冠動脈の状態を調べます。※低血圧、緑内障、心臓の病気がある方は医師の判断により検査ができない場合があります。
胸部X線 2方向から撮影し、心臓の形や大きさから、心肥大等の奇形を調べます。
安静時心電図 安静にした状態での心臓の脈や筋肉の状態を検査します。
マスター負荷心電図 運動をしながら行う心電図検査です。2段の階段を規定のリズムで一定時間往復(昇降)していただき、安静時にはわからない心電図を見て運動後の心臓の状態を調べます。狭心症や不整脈の誘発状態の発見に有効な検査です。
ホルター心電図 日常生活における心臓の動きを明らかにするため、小型記録機を装着していただき24時間にわたる心電図の変化を調べます。明け方の狭心症や不整脈の検出に優れています。
心臓超音波検査 心臓の内部構造、心臓の動き、弁膜の状態や血流を調べます。
頸動脈超音波検査 頸部(首)にプローブ(超音波発信機)を密着させ、頸動脈の動脈硬化の程度を調べます。
BNP
(血液検査)
BNPは心臓の心室から分泌されるホルモンで、血液検査で血中のBNPの値を調べることにより心不全の程度を診断することができます。
血圧測定 高血圧を放置すると心筋梗塞、狭心症、心不全、不整脈などの心臓病の原因になります。血圧測定はこれらの病気の予防に欠かせない検査です。
動脈硬化検査 血管の硬さや詰まりの程度を調べます。
心臓病の方、心臓や血圧が心配な方へ
  • 受診のお問い合わせ
  • 健康診断のご予約
  • 各種ドックの予約
このページの先頭へ