健康診断

ホーム > 内視鏡よる検査

内視鏡による検査・治療

日本人のがんの上位を占める消化器系がんの早期発見・早期治療を目指して


わが国の死亡原因第1位は“がん”であり、その中でも胃がん、大腸がんなど消化器系の“がん”がその上位を占めています。
しかし、食道、胃、十二指腸、大腸など消化器系の“がん”は、早期に発見すれば治癒率が高いことが知られており、早期に治療することで苦痛の少ない治療を行うことが可能です。
当クリニックでは、これらがんの早期発見を目的とした内視鏡検査を積極的に実施しております。


また、当クリニックでは、内視鏡を使用するたびに専用機器による滅菌消毒を行うことで感染症のリスクを徹底的に排除するとともに、患者さまの負担が少ないことで話題の経鼻内視鏡(鼻から入れる内視鏡)もご用意しています。

おもな内視鏡検査

上部消化器管内視鏡検査

口または鼻から内視鏡を入れて食道、胃、十二指腸(上部消化器管) を直接観察し、がんやポリープ、炎症などの有無を確かめます。必要に応じて生検を行います。

下部消化器管内視鏡検査

肛門から内視鏡を挿入して、大腸、直腸、小腸の一部を直接観察し、がんやポリープ、炎症などの有無を調べます。必要があれば生検を行います。


 
  • 受診のお問い合わせ
  • 健康診断のご予約
  • 各種ドックの予約
このページの先頭へ
交通アクセス
九段下・飯田橋駅からアクセス良好の
人間ドック・健康診断クリニックです。
会長挨拶はこちら

マーソバナー

お問い合わせ

法人の方へ
Pマーク
  • よくあるご質問
  • 海外に渡航される方へ
  • ドクターズネットワーク